WASP株式会社

現在、CANとEthernetに対応した周辺機器用のマザーを開発しています。

マザーのスペックとしては、

  • CANインターフェイス
  • Ethernetインターフェイス(TCP/IPとかEtherCATとかに使う)
  • 40 + 8pin ドーターカードインターフェイス
  • STM32F407VG使用
  • WASP標準()デバッグポート(UART+JTAG)

といった感じです。

元々は、某輸送機の雑インターフェイス(接点やらアナログやらいろいろ)用に開発しているものですが、制御系I/Oをドーターボードに全部押しつけて、マザーとしてはMPU周りのCAN PHYとかEther PHYだけにしてしまって、汎用性を高めるように設計しなおしたものです。

ケースは弊社ではおなじみの、TAKACHIPR-140を選択しています。

CANのコネクタは、多摩川精機SV-NETに合わせています。コネクタ形状を合わせているだけですが。

ブツとしては、今月末までには上げる予定です。

需要がありそうなら、外販する予定です。まぁ、そのつもりでいるので、ここに書いているわけですが。

それなりにパワーのあるMPUが載っているのでスタンドアローンでも使えるとは思いますが、基本的にはCANあるいはEthernetでネットワークして動かすためのもので、とりあえずのファームウェアもそれ用に書くと思います。