ハードウェアからサーバ・アプリまでワンストップで開発

すべて   DeviceConsole

弊社で開発するIoT絡みのファームウェアは、実はほぼ単一のソースから作られています。たとえば、

観賞用植物育成LEDについて(公知化情報)

この機器のファームウェアがまさにそれですが、他にもいくつかあります。

マイコンは昨今の半導体不足の絡みもあって、ESP32ほぼ一択になってしまいました。別にWiFiが必要でなくても、ESP32は供給が今のところ安定していて納期も短く、そこそこ高速でSDKもまぁまぁあって... といった事情です。ピン数のこととか考えるとSTM32とかにしたいものも多いのですが、手に入らないものは使いたくても使えません。

「IoT機器のファーム」に求められるものはだいたい似ているものなので、同じソースコードを使い回して、つながるセンサーやアクチュエータ部分を実装して行くという形式になっています。ここに自社クラウドサービスをセットにすると、ローコストにシステム構築できます。