ハードウェアからサーバ・アプリまでワンストップで開発

このCMSも作成されてから6年が経とうとしています。

このサイトのCMS

その後、一度Railsで書き直され、少し前にはogochanによってさらにリニューアルが行われました。

ヘッドレスCMSに移行した
CMSを一部SSRにした

ogochanのリニューアルは外部向けのサービスが中心で、内部向けのサービス(社内から使うサービス(エントリを書き込む機能等))はその後もRailsで動作していました。

最近では、社内のシステムもRailsよりもNode.jsの方が増えてきており、メンテナンスのしやすさも考えて、内部向けのサービスも書き換える予定でした。実は、そう決めたのは結構前のことなのですが、なかなか時間を確保するのが惜しく、社内向けであることを理由に先延ばしにしつづけ、ようやく今月リニューアルできました。

書き直し

ogochanが既に作成してくれていたCMSのAPIサーバーに社内向けのAPI(認証やエントリの書き込みなど)を追加し、フロント部分を別途作成しました。

デザインや機能に関してはほぼそのままで特に言及する点はありません。フロントエンドではSvelteを使用しています。Railsの中ではJavaScriptはあまり使ってこなかったので、リニューアルによって微かにリッチなUIになりました。

WYSIWYGは引き続きTinyMCEを採用しました。TinyMCEはドキュメント上に有料機能のコンテンツも混ざっていて、それを考慮して調べるのが面倒なので別のものに変えることも検討しましたが、代替となるものが見つからなかったため、引き続き使うことにしました。

終わり

気が重くて先延ばしてきましたが、実際の作業は想定していたほど大変ではありませんでした。思い切って取り組んで良かったです。

最近のエントリー

OrangePi5にZabbixをインストールする

レビュー等の依頼について

オープンソースのノートアプリ「SiYuan」 - CasaOS AppStoreレビュー

お気に入りの色さがし1

創立記念日

現在の営業品目(2)

現在の営業品目(1)

SPDX License Listをデータ化した

Orange Pi5でC3TR-Adapterを試す

CasaOS上で会計システム「Hieronymus」を動かす

会計システム「Hieronymus」v1.0.0 リリースしました

CasaOSでファイル同期アプリSyncthingをセットアップする

第11回 Freshmeat

オープンソースノーコード「Activepieces」でワークフローを作る

RaspberryPiにパーソナルクラウドOS「CasaOS」を導入する

sequelize-cliでdb:migrateすると「SyntaxError: Unexpected token ':'」が出る

LED行燈の試作(2)

CMSの社内向けサービスのリニューアル

LED行燈の試作(1)

エントリを書くこと