ハードウェアからサーバ・アプリまでワンストップで開発

Raspberry pi 4にMiniIOをインストールする

オープンソースのオブジェクトストレージMinIO

以前ご紹介したオープンソースのヘッドレスEコマース「Medusa」では画像の管理にファイルサービスが必要です。
公式サイトの提案するファイルサービスにはAmazonS3、DigitalOceanのSpace、MinIOの3つがあります。
まだ商品点数も少ないですし、外部にストレージを持つのはコスト面、リスクを考えると今は積極的にしたくありませんので、オープンソースであるMinIOを導入することにしました。

MinIOについて

AWS S3互換のオブジェクトストレージです。オープンソース(GNU AGPLv3ライセンス)ですが、有償のクラウドサービスもあります。

MinIO公式サイト

導入

Dockerを使用した構築例もありますが、今回は直にインストールします。

ダウンロード
Raspberry pi 4 なので64bitARM版使います。
https://github.com/minio/minio#gnulinux

# cd /usr/local/bin
# wget https://dl.min.io/server/minio/release/linux-arm64/minio
# chmod +x minio

実行ユーザーとグループの作成

#groupadd -r minio-user
#useradd -M -r -g minio-user minio-user

データを保存するディレクトリを作成、所有者を実行ユーザーに変更

#cd /mnt
#mkdir data
#chown minio-user:minio-user /mnt/data

サービスとして登録

設定方法の詳細は以下で公開されています。
Systemd service for MinIO
https://github.com/minio/minio-service/tree/master/linux-systemd
テンプレート
https://raw.githubusercontent.com/minio/minio-service/master/linux-systemd/minio.service

# ( cd /etc/systemd/system/; curl -O https://raw.githubusercontent.com/minio/minio-service/master/linux-systemd/minio.service )
[Unit]
Description=MinIO
Documentation=https://docs.min.io
Wants=network-online.target
After=network-online.target
AssertFileIsExecutable=/usr/local/bin/minio

[Service]
WorkingDirectory=/usr/local/

User=minio-user
Group=minio-user
ProtectProc=invisible

EnvironmentFile=/etc/default/minio
ExecStartPre=/bin/bash -c "if [ -z \"${MINIO_VOLUMES}\" ]; then echo \"Variable MINIO_VOLUMES not set in /etc/default/minio\"; exit 1; fi"
ExecStart=/usr/local/bin/minio server $MINIO_OPTS $MINIO_VOLUMES

# Let systemd restart this service always
Restart=always

# Specifies the maximum file descriptor number that can be opened by this process
LimitNOFILE=1048576

# Specifies the maximum number of threads this process can create
TasksMax=infinity

# Disable timeout logic and wait until process is stopped
TimeoutStopSec=infinity
SendSIGKILL=no

[Install]
WantedBy=multi-user.target

# Built for ${project.name}-${project.version} (${project.name})

環境ファイルの作成

MINI_ROOT_USERとMINI_ROOT_PASSWORDは適当に変更します。

$ cat <<EOT >> /etc/default/minio
# Volume to be used for MinIO server.
MINIO_VOLUMES="/mnt/data"
# Use if you want to run MinIO on a custom port.
MINIO_OPTS="--address :9199 --console-address :9001"
# Root user for the server.
MINIO_ROOT_USER=Root-User
# Root secret for the server.
MINIO_ROOT_PASSWORD=Root-Password

# set this for MinIO to reload entries with 'mc admin service restart'
MINIO_CONFIG_ENV_FILE=/etc/default/minio
EOT

MinIOのサービス起動

systemctl start minio.service

ブラウザから
http://localhost:9001
にアクセスするとログイン画面が表示されます。
ポート番号は環境ファイルで指定したポートです。

環境ファイルで指定したMINI_ROOT_USERとMINI_ROOT_PASSWORDでログインできます。

 

最近のエントリー

OrangePi5にZabbixをインストールする

レビュー等の依頼について

オープンソースのノートアプリ「SiYuan」 - CasaOS AppStoreレビュー

お気に入りの色さがし1

創立記念日

現在の営業品目(2)

現在の営業品目(1)

SPDX License Listをデータ化した

Orange Pi5でC3TR-Adapterを試す

CasaOS上で会計システム「Hieronymus」を動かす

会計システム「Hieronymus」v1.0.0 リリースしました

CasaOSでファイル同期アプリSyncthingをセットアップする

第11回 Freshmeat

オープンソースノーコード「Activepieces」でワークフローを作る

RaspberryPiにパーソナルクラウドOS「CasaOS」を導入する

sequelize-cliでdb:migrateすると「SyntaxError: Unexpected token ':'」が出る

LED行燈の試作(2)

CMSの社内向けサービスのリニューアル

LED行燈の試作(1)

エントリを書くこと